大型射出成形機の上手な選び方

射出成形機は、熱硬化性プラスチックをさまざまな形状の金型に注入して、プラスチック製品の成形を実現する装置だからです。大型射出成形機では、省エネ効果を得るために電磁ヒーターを使用することが多く、消費電力や省エネの観点から、機器の動作電力の周波数を変化させる周波数変換器が選択されています。これにより、信頼性が向上し、信頼性が向上します パフォーマンスが良いので、実際の状況に基づいて適切な選択を行う必要があり、信頼性は大幅に向上します。

もちろん、大型射出成形機向けの高品質で省エネな材料は、加熱・動力の面で実現しています。そのため、実際の状況に応じてより適切な選択を行う必要があります。達成される品質保証も、より優れたパフォーマンスを発揮するため、達成できます。信頼性も大幅に向上します。電磁ヒーターが加熱時間を節約できること、加熱パイプに直接作用すること、特別な断熱層が加熱効率を向上させることができること、加熱効率が高いことなどを知ることを選択してください。従来、抵抗加熱コイルは効率が低く、熱損失が大きいため、消費電力が非常に大きくなっていました。そのため、プラスチック製品の加工コストが大幅に上昇しています。

省エネ効果の高い大型射出成形機を選びます。加熱部の省エネについては前述しました。ここでは、主に電力の観点からの省エネについてお話します。装置が動作中に 30HZ の電力しか必要とせず、モーターの実際の電力がそれよりも高い場合、エネルギーの無駄遣いが発生します。次に、調整用の周波数変換器を選択して、機器に必要な量を確保します。出力は出力の量に依存するため、達成できる省エネ効果は確実に高く、達成される信頼性はより高くなります。


投稿時間: 2021 年 4 月 12 日